女性がん保険とは

女性の癌は乳がん、子宮がん(子宮けいがんと子宮体がん)、卵巣がんがあり、もの言わない臓器もあり、女性がんは早期発見、早期治療が欠かせません。そんな女性を守るためのがん保険のご紹介が出来ればと考えます。 女性のがんの兆候は些細なことばかり、普段と違うことがあれば勇気を持ってすぐに病院へ行こう。万が一がんに罹患した場合、経済的な援護をしてくれるのががん保険です。しかし、がん保険は健康な内しか基本的に入れませんので普段からの準備(がん保険に加入)が必要です。

女性がん保険の待機期間?

女性が選ぶがん保険だけでなく、生命保険そして損害保険も始期前の病気、つまり契約する前の病気は対象外にしています。自動車保険を事故した後に自動車保険加入しても保険会社は保険金を払ってくれません。契約はしていても第一回目の保険料が入っているかいないかを保険契約をしてすぐの事故であれば必ず確認を取ります。医療保険は契約日以降の発病であれば告知義務違反が無ければ保険金として払ってくれます。が、女性が選ぶがん保険は、がんは物言わない病気であることから通常は90日を待機期間、つまり90日は保険金を払いませんよという条件があります。が、女性のがん保険の中には、その待機期間の無いものがあります。女性特有の病気の種類によって分かれますので、加入の際、十分確認をしてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。